■■家族信託・相続■■

跡継ぎがいない

   県外の不動産経営者と懇談する機会がありました

   その中の1人は老舗企業の同族系ではありますが

   息子も同じ会社にいるのですが、血縁関係のない

   今の社長を次期社長に任命し息子は社長の補佐役に

   徹せよとの言葉を残し病院で息を引き取ったようです。

   事実上の遺言です。

   その会社は日本一地価の高い地域で多くの地主さんと付き合いがあり

   取引先のなかには数回相続が発生している人もおり

   働かない地主が多くいるとの事でした

   一般的な大家さんとはケタが違う資産規模なんでしょう

   小さいころから何不自由なく暮らしてきて

   世間体から働きはするものの長くは続かず引きこもり状態になっていく

   そのんな人も少なくないようです

   少子高齢化の時代

   昔は4~5人兄弟なんて普通でしたが

   就職もせず、結婚もしないで50才60才と高齢化がすすみ

   病気等で亡くなってしまうと財産の行く先がありません

   配偶者、子(孫、親)兄弟がいない訳ですから

   残される方法は二つ

   特別縁故者と言って報酬を貰わず介護や看護を行った人や

   内縁の配偶者などがこれに当たります

   そのような縁故者もいないとなると

   財産は国庫に帰属することになります

   最近、このような事が多く

   これからも増えてくると言ってました

   遺言があれば寄付することも可能ですし

   信託で複数の施設等に資産を分散させることも可能です

   引きこもるぐらいなので

   そのような判断ができるか
 
   また気力が有るかが重要です

   いずれにしても財産が多いから幸せとは限らない

   兄弟がいれば

   争いのタネが増えるかもしれませんし

   有る無しじゃなく

   要は、人間関係

   笑い声や笑顔が多いほうが幸せなことが多いと思うのですが・・・。

   ない物ねだりの

   南の島の不動産屋の感想でした。。

   
   

  

コメント (0)  [この投稿にコメントする]

相続人が200人!?

   

おはようございます。

   ブログは不定期に更新していますが

   休日のウォーキングは定期的に行っています

   最近は15キロ前後のウォークキングに

   約1キロほどのランニングをしています

   少しづつ距離を延ばしていくつもりです。

   さて本題に入ります。

   先日、朝のテレビ番組で

   老朽化した家屋が倒壊し50年以上経過した

   空家の特集をしていました

   登記上の所有者から相続人を追うと

   なんと200人近くおり

   存命(生きている人)だけでも93人もおり

   所有者の孫の曾孫にあたる来孫までいるとの事

   らいそん=来孫

   初めて聞いた言葉です

   家屋を撤去するには全員の同意が必要で

   役所が手紙を出すも返信のあった人は4人のみで

   担当者も

   これ以上何をやったらいいのか分からない

   という話をしていました

   先日もブログで書きましたが

   相続登記義務化の法整備

   日本で所有者が分からない

   所有者不明地の面積を全部合わせると

   九州の面積を上回る面積の土地の所有者が不明らしいです

   相続登記の義務化は2023年度から施行され

   相続・遺贈があることを知った時から

   3年以内に、氏名や住所変更の場合には

   2年以内に変更登記を行わなければ罰金が科せられます

   また、相続等により土地を取得した者がその所有権を放棄して

   土地を国庫へ帰属させることもさせる事も可能となるようです

   が

   国は何でも引き取るということはなく手間をかけず管理するため

   「建物がない更地」「土壌汚染の無い土地」「担保権の付いていない土地」

   「管理又は処分するにあたって過分の費用又は労力を要する土地でない」等

   その条件を全て満たした土地ということらしいです。

   申請時には手数料と10年間の管理費納付も必要になるようです。

   ふんだりけったりな遺産となりそうですが

   それならば

   限定承認や相続放棄をしたほうが早いと思うのですが

   ややこしい問題もでてきそうです

   欲しい財産と 欲しくない財産が有る場合には

   欲しい物だけ相続して

   欲しくない財産は放棄したらいいさって訳にはいかなくて

   相続するなら全て相続してね

   放棄するなら全部放棄してね

   あるいは、

   プラスの財産の範囲内でマイナスも引き受ける限定承認

   これはいるけど、あれはいらないという自己中的なことはできません

   予めご了承ください。。

   

   

コメント (0)  [この投稿にコメントする]