■■社長のブログ■■

木造かRC造か

     土地の有効活用のため

     収益物件の建築を検討しています

     地形が不整形なため

     建物配置が効率的ではありません

     駐車スペースの確保もいびつで

     ドライビングテクニックも必要になってきます

     このような物件は女性には敬遠されそうです

     隣接する土地の一部を購入できれば

     地形は整形となり建物や駐車スペースの確保も容易で

     女性陣にも喜んでもらえるはずです。

     建築費はいぜん高止まり

     木造戸建で賃貸住宅を作ることも選択肢です

     RCのアパートより収益力は断然アップします

     コストもそれなりに抑えることはできますが

     世界的に木造の需要が増えており

     木材不足が続いてウッドショックなる現象が生じ

     価格も高騰してきており

     1棟辺り50万程価格の上昇があるようです

     それを加味しても

     全体的なコストはRC造より抑えられます

     沖縄でも木造住宅が増えてきていますが

     やはり気になるのは木造の場合は耐用年数

     30~40年はもつと言われています

     台風やシロアリなども気になる所です

     RCで9室のアパートか

     木造で5棟を建て、賃貸住宅として働いてもらい

     借り入れの返済が終わる30年後

     その時の社会情勢や

     世代の変わったオーナーの考え方次第で

     戦略を見直すこともできそうなので

     木造の方が柔軟に対応できそうです

     建て替えや財産分与、

     分筆し一部売却、または全部

     RCだと、建て替えは気分的に

     勇気がいるような気がします

     建物が建っていれば分筆はできません

     相続になり

     相続人が複数になれば共有となりますが

     それは避けるべきで

     ゴタゴタを散々見てきました

     現金と不動産に分けて相続させるか

     代償分割という方法もある

     収支計算では断然木造に軍配が上がります

     修繕費、空室率、賃料の下落・・・

     これらを考慮し再検討とします。