■■お知らせ■■

那覇市与儀、女性専用1Kのお部屋です。

こんにちは、スタッフの屋宜です。

本日の物件紹介~!

那覇市与儀、県立看護大学裏

女性専用1Kのお部屋です。

 

 

 

 

 

 

 

1フロア2世帯の角部屋🏠

室内は、ワンポイントクロスが特徴的☺

 

 

 

 

 

 

 

 

インターネット無料、バス・トイレ別、

エアコン、ガス衣類乾燥機付きなど

設備が充実しています✨

詳しくは、こちらをクリックして下さい。


跡継ぎがいない

   県外の不動産経営者と懇談する機会がありました

   その中の1人は老舗企業の同族系ではありますが

   息子も同じ会社にいるのですが、血縁関係のない

   今の社長を次期社長に任命し息子は社長の補佐役に

   徹せよとの言葉を残し病院で息を引き取ったようです。

   事実上の遺言です。

   その会社は日本一地価の高い地域で多くの地主さんと付き合いがあり

   取引先のなかには数回相続が発生している人もおり

   働かない地主が多くいるとの事でした

   一般的な大家さんとはケタが違う資産規模なんでしょう

   小さいころから何不自由なく暮らしてきて

   世間体から働きはするものの長くは続かず引きこもり状態になっていく

   そのんな人も少なくないようです

   少子高齢化の時代

   昔は4~5人兄弟なんて普通でしたが

   就職もせず、結婚もしないで50才60才と高齢化がすすみ

   病気等で亡くなってしまうと財産の行く先がありません

   配偶者、子(孫、親)兄弟がいない訳ですから

   残される方法は二つ

   特別縁故者と言って報酬を貰わず介護や看護を行った人や

   内縁の配偶者などがこれに当たります

   そのような縁故者もいないとなると

   財産は国庫に帰属することになります

   最近、このような事が多く

   これからも増えてくると言ってました

   遺言があれば寄付することも可能ですし

   信託で複数の施設等に資産を分散させることも可能です

   引きこもるぐらいなので

   そのような判断ができるか
 
   また気力が有るかが重要です

   いずれにしても財産が多いから幸せとは限らない

   兄弟がいれば

   争いのタネが増えるかもしれませんし

   有る無しじゃなく

   要は、人間関係

   笑い声や笑顔が多いほうが幸せなことが多いと思うのですが・・・。

   ない物ねだりの

   南の島の不動産屋の感想でした。。