■■社長のブログ■■

コロナ禍での不動産業と親業

   コロナ禍のなかで

   仕事の進め方も変わってきました

   仕事柄、テレワークとはいきませんが

   工夫しながら業務を行っています

   当社では、お客様のご来店が

   重ならないよう予約制となっております。

   また、

   不要不急な

   観光客や興味本位で店内に入り物件資料や

   売買、賃貸の相場等を知りたがる方が多くいます

   平時では、飛び込みの方や興味本位の方も

   見込客としてストックできるのですが

   現況を考慮してくれない方の入店をご遠慮いただくため

   入口の鍵は閉めていることが多いです

   状況によっては予約がなくても対応していますが

   基本的には予約制ですので、悪しからずご了承ください。

   さて、このような現状においても淡々と仕事は進めていきます

   売買や賃貸でコロナが収まるまで待ちましょうと

   悠長なことは言ってられませんので

   最大の注意をはらい案内や契約に進みます

   そんななか、先月ある物件へ

   県外のお客様から購入申し込みが入り

   契約のため京都へ行ってきました
                            
   

   駅から徒歩5分の場所に

   レンタルスペースを借り

   そこで契約を行いました
  
   事前に書類は郵送し

   電話でも内容を説明しており

   疑問点等は既に解決です

   当日は、読み合わせと署名押印で

   40分ほどで終了

   見えにくいと思いますが

   左の机の上にはアクリル板があり

   飛沫感染予防設備もバッチリ

   もちろんトイレ完備で

   2時間のレンタルで3,000円内で収まります

   これから

   このようなレンタルスペースの需要は増えるでしょう

   申し込みや

   キーボックスの暗証番号も

   スマホでやりとりし
   
   施設運営者とは一度も面識なし

   手軽で便利よく助かりました。

   しかし、ことは神聖な売買の契約なので

   ミスや手違いなど許されませんので

   現地には早めに行き

   場所、暗証番号、部屋の確認を行いました

   今回の出張の1番の目的である仕事を無事に済ませ

   次の予定へと気は焦りますが

   関西へ行くときは外せないお約束事

   大阪にいる娘と

   京都駅で待ち合わせです

   少し早いクリスマスプレゼントを買いにデパートへ

   その後食事となるのですが

   今回の店も

   娘がバイトでお世話になっている焼き肉屋さんです

   そこの店長さんとは過去に3回ほどお会いしているのですが

   コロナ禍のなかでもバイト生のことを考えてくれ

   緊急事態が発出され休業中でも

   いくらかの手当てを支給してくれたようです

   どうせお金を使うならと

   大阪に行くときは大体バイト先の焼き肉店で

   食事をしています

   若いですが、今どきの青年でなく

   しっかりとした経営感覚と熱いハートで

   お店を纏めているな、との印象です

   なにより娘もかわいがってもらっており

   親としては大変ありがたいものです
 
   

   このような状況のなかで

   大学での対面授業は一切なし、

   ZOOM等を使った非対面での授業

   そのため課題が多く大変とのこと

   非対面でも授業料等は変わらないので

   勉強する時間が増えるのは

   私としては歓迎なのですが・・・。

   年末の帰省も今回は見合わせるので

   たまには美味しい料理を食べさせたいと

   思うのが親心。

   何より、顔を合わせて

   いろんな話をしながら料理を食べ

   お酒を飲みながら話せる一時に

   成長した娘の姿を感じ

   嬉しいような、

   遠く離れていくような

   妙な感覚になった父なのでした。。