■■家族信託・相続■■

家族信託とはなにか?

   民事信託とも言いますが

   「家族信託」とは、簡単に説明すると

   いま財産を持っている人が信頼できる

   相手に、自分の財産の管理や処分する権限を託す

   とう財産管理の仕組みです。

   ある面では管理委託や委任に似ていますが

   この家族信託という仕組みを使うことによって

   従来の相続対策や財産管理の手法ではできなかった

   様々なことができる可能性がでてきています。

   仕組みはシンプルです。財産を持っている人を

   「委託者」と呼び、管理を任せる

   つまり、託す財産のことを「信託財産」といいます。

   その「信託財産」を実際に管理してもらう人のことを

   「受託者」といいます。

   そして、その財産から得られる収益を得る人を

   「受益者」と呼びます。家族信託の構造は

   基本的にこの三者構造で成り立っています。

   法制度上は、財産管理を担う受託者には

   個人法人あるいは専門家・素人

   誰でもなることができます。

   家族信託信託にはこの受託者に

   家族・親族が就くことで

   「家族で財産の管理をしましょう」

   という仕組みを実現することが目的です。

   信託銀行などが行う投資信託等は

   目的がやや異なります。

   「家族信託」とは

   家族による家族の為の信託なのです。

   次回は家族信託のメリットについて書きます。