■■社長の不動産コンサルティング・ブログ■■

相続放棄時の注意点

相続には順位があります

1.配偶者(常に相続人)

2.子・孫

3.父母・祖父母

4.兄弟姉妹

借金など負の財産が資産より多い場合

相続を放棄することができますが

上の順位で見ると

配偶者と子が相続放棄をしたとすると

次の順位は父母や祖父母となり

父母や祖父母がいないと

兄弟姉妹が負の財産を相続することになります

相続放棄する時は

上記1~4までの法定相続人全員で

手続をしないと、

次順位の相続人は苦しむことになります。

相続放棄の期限は

相続が発生(死亡)から3ヶ月以内に

家庭裁判所へ申し立てが必要です。