■■お知らせ■■

那覇市繁多川、2DKのお部屋です。

こんにちは。スタッフの屋宜です。

今日も台風12号の影響で

雨模様の1日ですね~☂

車・バイクの運転気をつけましょう!

さて、本日の物件紹介。

那覇市繁多川、沖縄工業高校前の

お部屋が空きました。

2DKで和室・洋室どちらございます。

最上階角部屋なので、明るく風通り良好。

間取りはこちら!

詳しくは、こちらをクリックして下さい。


歴史は繰り返す・・・

                (好評につき2回目の登場です)

公の施設の守り神シーサー

北谷球場を守備範囲としています

遊び心があってユニークですね。   

さて、本日も建築関連の話です

昨日、ある設計士の方と打ち合わせがあり

その中で、建築費の高騰に続き

やはり、人手不足の話題になりました

公共工事の人気の無さ、

ひと頃は、事前にお話合いで

誰が工事をとるか決まっており

持たれ持ちつつの

蜜月の関係の時代もありましたが

今や、公共工事は不人気で

入札者がいなく

不調となる事も多いようです

なぜかといううと

民間工事の建築単価と

公共工事の単価では

雲泥の差があり

次から次へと工事の依頼がある

民間工事のほうが儲けが大きく

口うるさく、赤字になる公共よりは

民間工事をこなす方が割が良いのでしょう

そんな順調な民間工事ですが

県内、県外、国外から

次から次へと投資が行われ

仕事が増えすぎて人手不足は深刻

あるホテルの改修工事では

県外の元請け業者が

県内で下請け業者を確保できず

九州各地から職人を多量に集め

近くのアパート1棟を借り上げ

工事期間中の宿として

人手を確保したそうです

需要と供給のバランスで

需要が多く供給が足りなければ

自ずと、求められる方が強くなり

賃金が上がっていくことになります

そのようにして

建築コストに転嫁され

全体的にコスト増となるのです

これだけ、ホテルが多く

新たに作っていく今の状況

ホテルの稼働率も

軒並み100%に近いのだろうと

勝手に想像していると

シティーホテルで

やっとリーマンショック前の水準に

リゾートホテルはまだそこまで

回復はしていないとの事です

これからもオープンしていく

シティー、リゾート、

マンスリー型、民泊等など

ふと、

40数年前の海洋博ブームを

思い出してしまうのは私だけでしょうか・・・。