■■社長の不動産コンサルティング・ブログ■■

法定相続人

  配偶者   常に相続人

  第1順位  子・孫(代襲相続)

  第2順位  父母

  第3順位  兄弟姉妹(甥・姪、代襲相続)

  代襲相続とは子が先に亡くなり

  その後、親が亡くなると

  子が相続する権利を

  孫が承継する事です

  例えば、

  父・母・長男(亡)・長女がいるとして

  長男は3年前に亡くなり

  子が二人います

  今年になって父が亡くなった場合

  相続人は配偶者である母と

  被相続人(父)の孫にあたる

  長男の子二人と長女となります

  今回の場合、

  長男嫁は相続人ではありません

  3年前に亡くなった夫の時は

  配偶者なので相続人となります

  甥・姪にも代襲されますが

  その代までで終わりです

  甥・姪の子には代襲されません

  相続財産の評価は

  土地は

  先日、国税庁が公表した路線価に基づいて

  路線価が付いていない地域は
  
  同じく国税庁が公表している倍率方式で

  固定資産評価額に倍率を乗じた額です

  建物は

  市町村の税務課(納税課等)で

  取得できる固定資産評価額となります。

  贈与の場合も評価の仕方は同じです。