■■社長の不動産コンサルティング・ブログ■■

危機管理

昨日の地震後

娘が住んでいる

アパートの管理会社から

昨日、今日と2回

メールにて

ライフラインの状況

停電時の非常階段の開錠、

建物の状況等についての

状況及び調査報告がありました

たぶん、

管理戸数は何千室とあるはずです

周辺には学生数が

万人単位の大学が複数あり

学生を専門としている

不動産業者だからです。

さて、その娘達ですが

昨夜はクラスメート数人が

娘の部屋へ避難してきたらしく

恐怖と余震で

昨夜は寝れなかったそうです

避難といっても

建物が壊れたのでなく

1人で居るのが怖いから

一緒に居るそうです

その方が、親としても安心です

今でこそ、

スマホで瞬時に連絡がとれ

安否や被害の状況を

確認することができますが

携帯が普及する前の

阪神淡路大震災のときなど

大変だったと思います

しばらく、眠れない夜が続きそうです

親としては、帰したいのが本音です・・・。。


自然災害の恐ろしさ

近畿地方の地震

正に、青天の霹靂でしょう

3人の方が犠牲になったようです

ご冥福をお祈り申し上げます。

7年前の東北沖地震の時も

長女が都内で地震にあって

今朝は

三女が震源地の近くで地震に遭遇

震度6弱

同じアパートの隣室

食器棚が滅茶苦茶の様です

学校は終日休校

県外で生活する注意点、

自分で自分を守る事を

口酸っぱく言ってきましたが

災害は前触れもなく突然やってきます

これ以上の被害がでないことを祈っています。