■■社長の不動産コンサルティング・ブログ■■

ドーナツ化現象

今日のタイトル

最近はあまり耳にしません

しかし、私が住んでいる地域では

お年寄りだけの世帯が増えているように感じます

昨日もある個人商店の店主と話す機会がありました

その店主曰く、

最近は、年寄の客が多く、

それも半数は配達依頼

自身の年齢や手間暇を考えると

いつまで対応できるか、

何で若者が住み着かないのか

地域の青年会等でも

人集めに苦労しているようです。

那覇市内でも古い地域と

区画整理地域では

人の流入に差があり

子供が減っている学校と

逆に増えすぎて

教室が足りなくなる学校があるようです

歴史や自然の問題

権利関係の調整、地域住民の合意形成など

様々な問題が複雑に絡み合い

そう簡単にいかないことは承知していますが

歴史を守るにも

人が住まなくては守れません

接道要件を満たさず家の建替えができないとか

地価や資材の高騰により断念する人も多いはず

結婚当初はアパートに住み

いずれは同居と思っていたが

そのタイミングを逃してしまい

子供の転校、地域性、

暗い、治安の問題・・・

いまさら・・・・ね~、

何てことも、あるのかもしれません

沖縄も10年もしないうちに

人口減少が始まると言われてます

ボランティア的な住民の協力なくして

行政の力だけでは解決できない事も多いはずです

ドーナツ化現象、

限界集落など、

順調に見える沖縄観光経済の陰で

少しずつ潜在化しているのでは・・・

と考えさせられる事があったので書いてみました。

インバウンドや空港のハブ化、滑走路増設

ホテルの稼働率、LCCなどなど

ちょっとしたことで吹っ飛んでしまいます

平和で安心、安全であることが一番