■■スタッフブログ■■

初めまして!

ブログをご覧の皆様、初めまして。

5月に入社しました、総務の屋宜と申します。

今月からブログも更新します。

不動産業界は初めてで

日々、学ぶことがたくさんあります。

自分の中で整理し、勉強に励みたいと思います。

宜しくお願い致します。


合意形成

新聞記事にもなっていた

りゅうたん通りの危険な石畳

去った月曜日に首里公民館で

住民説明会が開催され参加してきました

主催は沖縄県南部土木事務所

りゅうたん通りは県道29号線で県道です

事業の正式名称は

「龍譚線街路整備事業」といい

工事が始まるまで

県と地域住民が何度も協議し合い

今の形になったようです

熱い議論が交わされた様子が伺えます

新聞記事になるぐらいなので

確かに問題点はあるようです

歩道の石畳の施工が悪く

割れたり浮き上がったりして

安全な歩行に支障をきたしているとの意見があり

県も施工に問題があることを認識していました

県は、今後、工法を変え

管理監督を徹底していく旨の発言がありました

みなさんの話を聞いて思ったことは

やはり、首里が好きなんだ ということです

多少の意見の違いはあれど

古都首里を愛している気持ちは同じなんだ~

私も

石畳や大アカギ、カー、守礼門、龍譚池など

昔から身近にあったため

普段、意識することなく通り過ぎていますが

最近、ここに住んでて良かったと思うことが多々あるのです

私も、4人の子供たちも

小さい時から首里の歴史文化に触れ

文化祭で旗頭やチンクーなどで祭りに参加してきました

次女が県外に住んでいますが

その次女が親となり

首里の文化を継承しようとしています

11月3日になると胸騒ぎがするそうです 

娘や息子を旗頭に見立てサーサーサー (笑

冗談ですが

やりかねん・・・|ω-`*)シュン

旗頭のガーエー動画を送ったからでしょけど・・・

話が長くなりましたが

要は、みんな地元が好きだということ

みんなで知恵を出し合い

住みよい街づくりに協力していきましょう!