■■社長の不動産コンサルティング・ブログ■■

成就したら・・・

沖縄不動産 賃貸 

おはようございます。

昨日はフライングをしてしまいました。

不動産開業セミナーは

本日の午後1時半より開催します。

詳しくは→全日本不動産協会沖縄県本部ご覧ください。

さて、話は変わりますが

当社の場所柄、

この時期になると

離島含む県内外から

たくさんの学生さんが部屋を探しにきます

受験後、発表前に物件を下見して

申込書を提出され発表を待ちます。

合格したら契約~入居となりますが

不合格の場合は残念ながらキャンセルとなります。

売買ではよくあることですが

停止条件付土地売買契約

例えば、農地転用許可を停止条件とし

転用の許可が下りなければ白紙撤回し

手付金等もお返しすることになります。

ローン特約も似たようなもので

融資承認が得られなければ

買主は罰則無しで解約できます。

賃貸でも高校や大学に合格することを

停止条件とし申込され

私達はそれをお受けします。

お断りする業者もいますが

それぞれの事情があるので

仕方のない事です。

親が子に

今度のテストで100点をとったら

洋服を買ってあげる

逆に満点とれなければ

洋服は無しよという

これも停止条件付贈与契約と

言えるのではないでしょうか

当社周辺には

県立芸大や進学校があるため

この時期、受験生のみ

キャンセルの可能性ある場合でも

入居申込を受け付けています

家主や不動産業者にとっても

2月~3月は大切な時期で

1年で一番忙しい繁忙期となり

この時期を逃すと

長期空室も覚悟しなければいけない

アパートもあります。

申込者全員が合格してくれるのが一番なんですが

年に何名かは不合格となる人がいます

ある一定の割合で

キャンセルが出るのは織り込み済みなので

キャンセル待ちなどを受け付けるか

逆に

合格発表を見て

慌てて探す方もいらっしゃいます

それにしても

出会い、別れ、旅立ち

それぞれの人生の節目と言えるこの時期

気持ち新たに

悔いのないスタートにしてください。

制服を着た受験生を見ると

事あるたび

進学は県外と宣言している ジャブが父には響く・・・

娘とダブって

親心で見てしまい

2年後を迎えるのが

心配な父なのでした。。