■■社長の不動産コンサルティング・ブログ■■

あらゆる視点で

高齢なため銀行借入ができず

子供名義で借入てアパートを建てましたが

将来の相続を考えスッキリさせたいとの相談

土地は親名義なので相続が発生したとき

土地と建物の所有者が別だと揉める可能性があります。

単純に建物を親名義に変えると贈与になり

目ん玉が飛び出るくらいの税金を払うことになるので

建物を子から親へ贈与し更に、銀行の返済も親が行うことにより

贈与税の軽減ができる、負担付贈与で土地と建物の所有者を同一にし

将来の争いごとを防ぐことができます。

分かりやすく言うと 通常の売買と同じです

但し、残債と建物の評価額が問題です

同程度、つまり

借入額が3000万、建物評価額が3000万なら

行って来いでプラマイゼロ 登記費用等は要しますが

建物評価は固定資産評価額ではなく時価

税務署が判断し適正な価格と認めてくれれば問題なし!

しかし、評価には気を使います

家賃収入があるので収益還元法で評価したほうが良いのか

あるいは、原価法で評価したほうがよいのか

はたまた取引事例法がよいのか

事例法は近隣でこのような取引がないので除外するとして

収益か原価のいずれか

取得費とのバランスまで考えると混乱するので

シンプルにいこうと思います。

相続を考えた時

思考が親から子へと行きがちですが

争続にしないため

一旦、子から親へ戻すパターンもあるという事例です。